視力回復にルテイン

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ルテイン

視力回復とルテインの関係

目の構成要素である「水晶体」および「黄斑」の主要な成分がルテイン。そのルテインが視力回復に役立っているのかを説明していきます。

ルテインとは

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

出展:長野県松本市中村眼科

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体黄斑部に存在する主要なカロテノイドはルテインとゼアキサンチンであるため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。

ルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。そのため、ルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。

また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。

ルテインは体内で生成できませんが、これらを含む食物を食べることによって、体外から摂取します。

ルテインは本来黄色のカロチノイドで、卵黄、マリゴールドなどの花、とうもろこし、唐辛子、海藻、にら、えんどう、レタス、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれています。

これらの中でも手軽でしかも、多く含まれているのが、ほうれん草です。ほうれん草には、その他にも、ビタミンA、B1、B2、C、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。ただ、独特の苦味があります。

苦味を押さえた調理法として、テレビで紹介されていましたが、カルシウムと一緒にとる方法。油と一緒に摂取する方法が、紹介されていました。これら調理法でほうれん草を摂取することをお勧めします。

最近の研究で、ルテインやゼアキサンチンの抗酸化作用が、肺機能を元気にするとか、紫外線によって起こる皮膚癌を予防する可能性があるという報告もあります。

まとめ

ルテインが体の各部の構成成分であることはわかりました。ただ、それが視力回復に役立っているのか?と結び付けるには至っていません。ただし、体内で合成できないルテイン。外から摂らないと不足することは確実。血が不足すると貧血を起こすように、ルテインが不足すると目に見えないところでダメージが出てくる。

そんなことにならないように日ごろから緑黄色野菜を食べて、足りない分はサプリメントなどで補うことで「視力回復の手助けになる」かもしれない。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ルテイン